動悸・息切れの原因と改善策 不整脈や胸の痛みが気になるなら

更年期の動悸や息切れ

ちょっと歩いただけなのに息切れがしたり、激しい運動もしていないのに胸がどきどきするような動悸の症状が出てしまうことがあります。びっくりしてしまい、何かの病気だったらどうしようと不安になることも少なくないと思います。

夜中に寝ているときに急に胸がどきどきして痛くなったり、少し動いただけで息切れがしてしまうということもあります。これらの症状は更年期の症状に当てはまります。

ちなみに更年期というのは45歳から55歳くらいの間のことをいい、ホルモンバランスが崩れてくるのが更年期障害の原因の一つとされています。

このような症状を抱えながら生活するのはとても辛いと思います。少しでも症状を軽減して健康な生活を送るためにはどうしたらよいのでしょうか。

具体的な動悸や息切れ、不整脈や胸の痛みの症状の原因とその対策をみていきましょう。

更年期の動悸や息切れ、不整脈の原因とは

なぜ更年期になると動機や息切れや不整脈といった症状が出てくるのでしょうか。

自律神経のバランスの乱れ

更年期は女性の閉経と大きな関係があると言われています。閉経前後の卵巣は、機能が弱っていており、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が少なくなってきています。

卵巣が弱まっているにも関わらず、体内から女性ホルモンが減少していると脳が察知すると、卵巣にエストロゲンを増やせという指令を送ります。

ですが、機能が低下してしまっている卵巣は十分な女性ホルモンを分泌することができず、ホルモンバランスが崩れてしまうという症状に陥ってしまいます。

ですが、脳は女性ホルモンを増やそうとしますので、脳の中は混乱してしまうため、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

自律神経によって心臓の働きはコントロールされていますので、自律神経が乱れてしまうと、心臓に負担がかかり、動悸や息切れといった症状が出やすくなります。また、自律神経には、脈拍のテンポを調整する機能もありますので、自律神経の乱れは不整脈の原因ともなります。

ストレスが動悸や息切れの原因となる

ストレスの強い方は更年期の症状が強く現れてしまうことが多いです。ストレスがかかると腎臓の上にある副腎という臓器に負担がかかります。副腎は抗ストレスホルモンを分泌する役割があるのですが、ストレスがかかるとこの機能が弱まってしまいます。

また副腎でも女性ホルモンは作られていますので、ストレスを受けると女性ホルモンの分泌がより弱まり、自律神経を乱してしまう原因となってしまいます。更年期の女性は大きなストレスを抱えていることが多く、その原因は子供の進学、会社の人間関係、夫婦関係、親の介護など多岐にわたります。

その多くはなかなか改善されない問題ばかりのことが多く、大きなストレスを抱えて毎日過ごしていることが大きな原因といえます。これによる女性ホルモンの分泌の減少が、更年期の動悸や息切れ、不整脈に大きく関わっていることが分かります。

動悸や息切れ、胸の痛みへの対策

更年期特有の症状とはいえ、毎日これらの症状と付き合っていくのはとても辛いことと思います。できるだけ症状を緩和して毎日を送ることができるよう、いくつか対策をすると良いでしょう。

動悸・息切れ、胸の痛みを感じたら、まずは落ち着くこと

急な動悸や息切れ、胸の痛みを感じたら、まずは気持ちを落ち着かせ、ゆっくりと深呼吸をしましょう。深く息をして、ゆっくりと吐き出しましょう。このとき、息を吸うことよりも息を吐くことに重きを置いて、深呼吸をしましょう。

息を慌てて吸ってばかりいると、体内から二酸化炭素がなかなか排出されず、酸素とのバランスが悪くなります。パニックにならないように、まずは落ち着きましょう。

生活習慣を整える

自律神経はやる気を出させる交感神経とリラックスさせる副交感神経との2種類でバランスが保たれています。このバランスを保つためには生活習慣を整えることが大切です。まずは睡眠をきちんととるようにしましょう。

睡眠がきちんととれていれば、副交感神経にとても良い状態を保つことができます。リラックスして、好きな音楽を聴いたりすることもとても良いです。また、お風呂も毎日ぬるめのお風呂にゆっくりと入りましょう。

食後1時間くらい後に入ると効果的で、さらに、数回出たり入ったりすることも良いとされています。早寝早起きを心がけ、食事もなるべく決まった時間に摂り、体内時計を正常に保つように心がけ、疲労を身体に溜めないようにしましょう。

なるべくストレスを溜めない

ストレスは自律神経を乱す原因になってしまいますので、できるだけストレスを溜めない生活を送ることが大切です。しかし、そうは言っても、ストレスというものはなかなか改善できるものではありません。少しでもストレスを軽減するために、悩みを1人で抱え込まず、信頼のおける誰かに聞いてもらったりすることも必要です。

また、ペットを飼うことにより、ストレスが軽減されることもあります。動物好きな人はペットと生活してみるのも良いでしょう。

食事に気をつける

お酒をよく飲んだり、脂っこいものを好む食生活をしていると不整脈の原因にもなります。好き嫌いをせずにバランス良く、食事を摂ることが大切です。

和食を中心とした魚や野菜、大豆製品などを多めに取るようにしましょう。また、たばこも不整脈の原因となります。できれば、やめたほうがよいでしょう。

サプリメントを利用する

今は色々な更年期サプリメントが販売されています。動悸や息切れ、胸の痛みや不整脈といった更年期症状の緩和してくれるサプリメントも多く存在しています。女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンのエクオールや高麗人参から抽出されるサポニンが含まれているサプリメントを選ぶと良いでしょう。

エクオールとは大豆イソフラボンの一種のダイゼインという物質から腸内によって作られるもので、更年期障害に効果があるとされています。また、サポニンはコレステロールの除去をし、動脈硬化の原因を取り除いてくれる作用があります。これにより、更年期障害を和らげてくれます。

更年期の動悸・息切れと似た病気

更年期の症状である動悸や息切れを伴う病気もあります。もし、そのような場合は命に関わることもありますので、早めに医療機関を受診しましょう。

動悸・息切れを伴う病気

例えば、甲状腺の病気、自律神経失調症、心筋梗塞などです。甲状腺の病気と更年期障害は症状が似ている場合が多いですが、治療法が違いますので、医療機関の指示に従いましょう。

また、自律神経失調症は、女性ホルモンが原因となる更年期障害と違い、大きなストレスが病気の原因となっています。心筋梗塞は命に関わります。

心筋梗塞で倒れてしまう前には胸が痛くなったり苦しくなったりします。更年期障害だと決め付けずに、心筋梗塞の症状を見逃さないようにすることが必要です。

まとめ

更年期の症状での動悸や息切れ、胸の痛みと毎日付き合っていくのはとても大変です。生活習慣の改善やサプリメントをうまく利用して、更年期障害を緩和し、健康な毎日を送ることが理想です。

それにはまず、自分の症状と向き合うことが大切です。また、大きな病気が隠されていることもありますので、更年期障害と決め付けるだけでなく、医療機関も受診することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です