更年期のプラセンタの効果や副作用は?注射とサプリどっちがいいの?

更年期の症状にプラセンタ

プラセンタと聞くと、美容効果のある化粧品やサプリメントを思い浮かぶ方が多いと思いますが、プラセンタは更年期の症状にも効果があります。

プラセンタの効果や効能、特徴やまた、副作用についても紹介していきたいと思います。

プラセンタサプリランキング

ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEX


プラセンタって何だろう。

プラセンタという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、プラセンタとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

胎児と哺乳動物の母体とをつないでいる胎盤のこと

人間を含め哺乳動物は胎児にへその緒を通じて栄養を送っています。この栄養を送っているものが胎盤であり、プラセンタです。

胎盤は出産の際に子供と一緒に体内から体外へ出てきます。見た目はレバーのような感じです。この胎盤に人間が必要とする栄養素がたくさん含まれていると注目されています。

具体的にはたんぱく質、ビタミン、ミネラル、糖質、脂質などの5大栄養素だけでなく、他にも多くの栄養素が含まれています。

プラセンタの種類

哺乳動物のプラセンタですが、一般的に使われているのは豚由来のプラセンタです。高級品となると、馬由来のものや、羊由来のものもあります。

ヒト(人間)由来のプラセンタは医療系に使われ、厚生労働省の認可が必要となりますので、健康や美容に使われるプラセンタは豚や羊、馬などから抽出されたものとなっています。牛のプラセンタも以前は使用されていましたが、狂牛病のリスクがあるとされ、現在は使用は禁止されています。

プラセンタが更年期の症状に効果がある理由

なぜプラセンタが更年期の症状に有効とされているのでしょうか。

ホルモンの分泌をサポートする

プラセンタは更年期に減少する女性ホルモンの育成をサポートして、ホルモンバランスを整え、自律神経を正す働きをしてくれます。

自律神経の乱れはめまいやホットフラッシュなどの更年期の症状を引き起こします。ですので、自律神経を整えることにより、更年期の症状を緩和させることができます。

活性酸素を除去する

プラセンタには正常細胞を壊してしまう活性酸素を取り除く効果があります。
ですので、疲労回復に効果があります。

血液の循環を改善する

プラセンタには血圧を調整して、辛い更年期の症状である不整脈や胸の痛みを和らげてくれる効果があります。また、血圧を調節する効果により、更年期に心配な動脈硬化や心筋梗塞などの症状も防ぐことができます。

血行を促進させてくれますので、貧血の方にもおすすめです。血の流れがよくなるため、肩こりも軽減されますので、それらの症状に悩んでいる方にもプラセンタは効果があります。

それらに加え、プラセンタには抗炎症効果があり、傷の治りを早くしたり、炎症自体を起こりにくくなる効果があります。更年期にさしかかるとぎっくり腰になる人も多いかとおもいますが、これらの急性の腰痛の炎症にも効果があります。

プラセンタを摂取するメリットとその注意点や副作用について

プラセンタを摂取するにあたって、良い点、そして、気をつけたほうがいいことや副作用などはどうなのでしょうか。

プラセンタを飲むとたくさんの良いことがある

先ほども記述したように、プラセンタを飲むことにより、更年期の症状である、めまいや胸の痛み、ホットフラッシュなどを軽減させてくれる効果があります。また、更年期の症状だけではなく、美肌効果も期待でき、美白やアンチエイジングも期待できます。

アトピーやアレルギーにも効果があるといわれており、注目を集めています。更年期障害をケアしながら、アンチエイジングや美肌効果も期待できるプラセンタは是非生活に取り入れたい栄養素の一つです。

プラセンタを利用する際の注意点

たくさんの嬉しい効果があるプラセンタですが、身体に取り入れる際に注意することはあるのでしょうか。中には、にきびや発疹などができてしまう方、下痢になってしまう方もいるようです。

ですが、これらは好転反応と考えられており、プラセンタを飲むことにより、血流がよくなり、代謝があがることにより、体内から余分な物質が排出されるため、にきびなどができたりすることがあります。

腸内の代謝もよくなるため、一時的に下痢になったりすることもあります。老廃物や毒素が腸内にたまっている人は下痢になりやすい傾向にあります。それらの老廃物が排出されれば、下痢の症状は治まります。

ですが、下痢が長引いたり、激しい下痢の場合はプラセンタの量を減らすなどして、対策をしたほうが良いでしょう。プラセンタを購入する際は裏面の成分の確認をすることも大切です。アレルギーのある人はアレルギーになる物質が含まれていないかどうか確認することも必要です。原産国なども確認して、安全な商品を選ぶようにしましょう。

プラセンタに副作用はあるのか

プラセンタが国での利用許可が下りて以来、大きな副作用があったとして報告された例は今までにはありません。ですが、プラセンタはアミノ酸由来のもののため、アレルギーのある人はショック反応が出ることも考えられます。アレルギーのある人は注意が必要です。

また、先ほど記述したようににきびや下痢だけでなく、胸が張る、だるくなるなどの症状が出ることがありますが、これらの症状は副作用ではありません。細胞の活性化や新陳代謝の活性化により、プラセンタの効果が出始めている反応でもあります。

長くても1ヶ月くらいでこれらの症状は落ち着いてくることが多いです。プラセンタの商品によっては、添加物や不純物の割合が多いものもあります。これらの物質が原因で悪い反応が出ている場合もあります。不純物や添加物の多い商品はなるべく避けるようにしましょう。

どのようにプラセンタを摂取したほうが良いのか。

プラセンタと一概に言っても、プラセンタの摂取方法は注射をする、サプリメントを飲むといった方法に分けられます。
どちらの方法のほうがより効果的なのでしょうか。

プラセンタ注射

プラセンタ注射は厚生労働省が認可している医薬品の扱いとなっています。美容注射や美肌注射と言われ、芸能人からも注目されています。医薬品の扱いになっているため、医師の診察を受けることが必要です。ここで利用するプラセンタは人由来のプラセンタです。

プラセンタ注射のメリットとしては、直接体内にプラセンタの成分を注入するため、即効性があります。注射の方法には「皮下注射」「静脈注射」「点滴」があり、医師と相談することが必要です。また、ビタミンやアミノ酸なども組み合わせて注射するのかどうか医師と相談することも可能です。

デメリットとしては、クリニック選びがとても重要となってくるため、事前にクリニックを色々と調べることが必要となってきます。また、プラセンタ注射の費用の相場は1回につき2000円~8000円となっており、量やビタミンなどの配合方法、投与方法によって金額が変わってきます。

1回打てば、効果が持続するものではありませんので、継続的に注射をする必要があります。また、良いクリニックに通おうとすると、交通費がかかってしまう場合もあるため、金銭的に大きな負担となってしまうことも少なくありません。

そしてプラセンタ注射を打つと献血ができなくなるというデメリットもあります。これは、人間の胎盤を摂取しているという理由により、感染症などのリスクをゼロにすることが不可能なためです。

プラセンタサプリ

プラセンタサプリはプラセンタ注射とは違い、馬や羊、豚の胎盤から抽出したものを配合したものです。ヒト由来のプラセンタより効果が劣るのではと思うかもしれませんが、プラセンタの栄養分はヒト由来でも動物由来でもほとんど変わりがありません。

デメリットとしては、プラセンタ注射よりも即効性があまり無いことが挙げられます。ですが、飲み続けることで効果が出てきます。そして、医師の診察なども不要で、病院に通う必要もないので、気軽にプラセンタを摂取することができます。

大きなメリットは費用面です。プラセンタ注射を継続して打つためには少なくとも月に10000円から30000円はかかります。ですが、サプリメントの場合は一ヶ月高くても数千円で続けることができます。

プラセンタ注射ではできない献血もサプリメントでプラセンタを摂取している場合は問題なく行うことができます。やはり、安全面から考えるとサプリメントのほうが、お手ごろで気軽に摂取できるというメリットがあります。

更年期の症状に効果があるプラセンタはサプリメントで

プラセンタは更年期の症状を和らげ、更にアンチエイジングや美肌効果もある素晴らしい栄養素です。その摂取方法は注射と経口摂取とで分けられますが、やはりサプリメントでの摂取がお手軽で費用面でも助かりますので、おすすめだと言えます。

更年期の症状と向き合って過ごしていくために、プラセンタをサプリメントで取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です